ジャックラッセルテリア☆にこ日和

にこの成長記録&時々、我が家の備忘録

犬に咬まれる

本日夕方、いつもの公園を散歩している途中、ジャックラッセルの男の子に咬まれてしまいました。
f:id:nicosugi:20161006213146j:plain
すぐに病院へ。
口の内側まで傷ついていました。
外の傷は治りは早いけど、内側は膿んで腫れてしまうこともあるとのこと。
抗生剤の注射を打って、6日分の抗生剤を出されました。
膿んで腫れないことを祈るのみです。



咬まれる前の出来事。
広場に着くと、ジャックラッセルとマルチーズ小さめ(2kgぐらい)を飼っている方とミックス犬を二頭飼っている方が四頭で遊んでいました。


私達は少し離れた所で、お友達のボストンテリアの子と挨拶をして、休憩。


別の7kgぐらいありそうな大きめのマルチーズを飼っている方が広場に入ってくると、ミックス犬の子が近づいて、喧嘩に。
大きめマルチーズの飼い主さんが、引き離した直後、今度は小さめマルチーズが近づいて、おとなしく挨拶をしていたはずが・・・喧嘩に。
大きめマルチーズの子が小さめマルチーズの首を咬みながら持ち上げて、ぶらんぶらん状態。
血の気が引きました。

すぐ引き離し、お互い無傷だったようです。


離れた場所で、何もできず見ていただけの私達。
犬達が興奮状態だったので、近寄るのはまずいと思い、ボストンテリアのお友達とその場をすぐ離れました。

他の所を散歩して、戻ってくると、帰る途中のミックス犬とジャックとマルチーズの四頭に遭遇。

先程、声も掛けずにその場を離れてしまった為、大丈夫でしたか?とマルチーズの飼い主さんに話し掛けた瞬間、下からキャインとにこの鳴き声が!
尻尾は丸まり、一目散に逃げ出すにこ。
下を見ていなかったから、何があったのかわかりません。飼い主失格です。


ぱっと見た瞬間、傷もなかったので、大丈夫ですと伝えその場を離れ、自転車のカゴに乗せる際、にこの口付近から血が出ていることに気がつきました。



マルチーズと一緒に飼われているジャックは、どの犬とも仲良くできず、喧嘩になってしまうとのことで、飼い主さんから近寄らないように以前から言われていました。

いつもは、ジャックの子には近づかせないようにしていましたが、咬まれたマルチーズの子を見ていて、私が油断してしまいました。


にこがジャックの子に近付いてしまい、咬まれてしまったんだと思います。
うーとかの相手の唸り声もなく、本当に一瞬の出来事でした。
近づいた瞬間にがぶり・・・
にこを怖い目に合わせてしまいました。



自分の事では全然落ち込まない私なのに、にこのこととなると、別人。
自己嫌悪の嵐。
私が注意を怠らず、近づかせないようにしていれば、こんなことにはならなかったのに。

今のところ、いつも通り元気なことが救いです。

広告を非表示にする